入所について

入所できる乳幼児

 

 

 

次のような事情によって、家庭の養育が困難な場合で、県内の7つの児童相談所で入所させることが適当であると認められた0歳からおおむね6歳までの乳幼児

①母親の病気や出産のとき

②児童虐待

③家族の病気などで母親が付添をするとき

④両親の家出・離婚・別居・死亡のとき(母子家庭・父子家庭)

⑤母親が未婚でやむを得ず働くとき

⑥家庭の生活が困窮しているとき

⑦緊急事態、その他いろいろな理由で乳幼児の養育に困っているとき

⑧その他短期入所制度(ショートステイ:短い期間お預かりする制度)もありますショートステイ

 

 

 

入所の手続き

 

 

 

乳児院に入所する際には、以下の手続きが必要です。

入所流れ

 

 

入所の費用

 

 

 

 

児童福祉法に基づき、国と県が費用(措置費という)を負担しますが、保護者に負担能力のある場合は、所得に応じた一部負担があります。

 

 

職員構成

 

 

 

 

院長、看護師長、看護師、保育士、里親支援専門相談員、家庭支援専門相談員、個別対応職員、臨床心理士、栄養士、調理員、事務員、嘱託医などの職員がそれぞれの立場で、子どもたちとのかかわりを大切にしています。

 

  

社会福祉法人恩賜財団済生会

済生会川口乳児院
〒332-0021
埼玉県川口市西川口6-9-7
TEL:(048)256-8500
FAX:(048)256‐9870

2019年8月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031